親子工作講座~身近な材料で挑戦する点描画~

点描画とは、
フランスの画家、ジョルジュ・スーラの
『グランド・ジャット島の日曜日の午後』
という作品が代表の作品として紹介される

色をパレット上で混ぜて作りだすのではなく
キャンバス上で光として混ぜる視覚混合という方法で
実際の光に近い、鮮やかな色で描いていく方法です。

この点描画を、身近な材料で、簡単に描く方法を紹介します。

写真 2015-07-19 12 58 37

【準備する材料】
・爪楊枝・・300本
・輪ゴム・・3本
・お弁当カップ・・3枚
・コットン・・3枚
・水彩絵の具・・黄色、赤、青 それぞれ1本

 

 

 

 

①爪楊枝を85~100本の束にして
輪ゴムで止めます。
※爪楊枝はねじれやすいので
輪ゴムを止めた後、まっすぐにします。

②お弁当カップに
水と水彩絵の具を入れて
その上にコットンをかぶせて
爪楊枝で叩きながら色をしみ込ませます。

写真 2015-07-19 13 17

 

 

 

 

 

 

 

画用紙に絵の具を付けた爪楊枝を
ポンポンと落として色を混ぜながら描いていきます。

写真 2015-07-19 13 33

 

 

 

 

 

 

 

工作厚紙に形を切り抜いて型を作って描いていくと
小さなお子様でも簡単に
味わい深い点描画が描けます。

 

写真 2015-07-19 16 1

 

 

 

 

 

 

 

お一人からお申込み頂ける色に関する90分ミニ講座です。
ご希望に応じたテーマと内容で開催することも可能です。

時 間:90分
参加費:3,500円
定 員:1名~6名
備 考:お子様のお飲み物とおやつはご持参下さい。

《遠方の方、サロンへの来店ができない方へ》
Skype、ハングアウトを使っての通信での受講も可能です。
お申込み受付後、日程を打ち合わせてレジメを送信してからの受講となります。
※材料の準備をお願いします。

《クレジットカードでのお支払を希望される方へ》
当サロンは、Square加盟店です。
クレジットカード【Visa、MasterCard、American Express】でのお支払いが可能です。